イベント > 第7回 ADA 台湾大会 > インタビュー

「日本からの出場選手へのインタビュー」

日本代表選手

海外遠征や海外選手と対戦して思った事

何度か海外で試合をしていますが、何度行っても独特の雰囲気があり、いつも以上に緊張する分楽しみもいっぱいあります。

海外トーナメントは本当に体力勝負だと思います。学ぶ事は文章で表すには難しすぎるので、実際に海外遠征に行って感じてほしいです。



海外選手からの義援金や応援メッセージを頂いて思った事

心から感謝します。僕らが思っている以上に日本の事を心配してくれて協力してくれようとしていると肌で感じれた事はとても貴重な体験をしたと思いました。

被災された方・ダーツファンの方へ

やはり僕はプロプレーヤーです。皆さまから「頑張れ」とか「感動しました」と言われると本当に嬉しく思います。1人でも多くそんな風に思ってくれるように意識してやっています。これからもダーツを通じて少しでも勇気や希望を持てるように頑張ります。
行動する事で支援に繋がると思います。1人1人が出来る事をやり協力する事でさらに大きな力になると思うので、是非そうなるように願っています。

海外遠征や海外選手と対戦して思った事

日本のソフトダーツのレベルが海外に引けをとらないことを実感できました。
又、日本の選手は海外の選手に比べて我慢強く、そこに勝機を見出すことができると感じました。

試合中やインターバルで感じたのですが、言葉(英語)が喋れないのは日本人だけというぐらい日本人以外は英語を喋っています。もっと英語を学ぶべきだと思いました。

海外選手からの義援金や応援メッセージを頂いて思った事

素晴らしい事だと思う。みんな「俺が!俺が!」と押し合うぐらい募金してくれた。今まで日本人が海外に多くの事をして来た結果だと思う。これからも日本が復興したら絶対恩返しするべきだと思った。

被災された方・ダーツファンの方へ

自分はダーツを一生懸命する事と、ダーツを一生懸命広める事しかできませんが、いつか一緒にダーツで対戦する日まで頑張り続けます。
ダーツがしたいならしたらいい。はしゃぎたいならはしゃげばいい。自粛と他尺をはき違えないでほしい。

海外遠征や海外選手と対戦して思った事

最高に楽しかったです!! 普段はガッツポーズとかしないけど、会場の空気感で自然としちゃいました。思いっきり自分を出せた感じです。あと、みんな別々の試合に出ていても応援に力が入るし、たくさん応援もしてもらい団結力がありました。

ダーツを通じていろんな方と出会えました。それが今回は国境を越えた!!みんな繋がってると思いました。日本代表戦に出場させて頂き、プレッシャーはあったけど自信が付きました。1投の重みを凄く感じました。

海外選手からの義援金や応援メッセージを頂いて思った事

「ありがとうございます」しか言えなかった。言葉にできないくらい嬉しかったです。

被災された方・ダーツファンの方へ

今まで以上にもっと頑張っていこうと思います。皆さまがそれを望んで下さる限り!!来年も代表選手になれるよう、今年のPERFECTも優勝します!! 

<< 前へ | 次へ >>
ページの先頭へ