PHOENIX OFFICIAL LEAGUE 2010 チャンピオンチーム決定戦
FINAL STAGE

FINAL STAGE リザルト

2月27日(日)幕張メッセにて開催した、【PHOENIX OFFICIAL LEAGUE FINAL STAGE】
全国各地域の代表チームが集い、日本一のチームを決めるこの戦いを制したのは「TiTO1」
2009年度優勝に続き、見事2連覇を達成しました。
LEAGUE 2010 RESULT

開催概要

開催日程
2011年2月27日(日) 
集合時間
AM8時00分 集合 試合開始 : AM10時30分〜(予定)
開催会場
会場名 : 幕張メッセイベントホール 住 所 : 千葉県千葉市美浜区2-1
URL : http://www.m-messe.co.jp/access_j.html
代表チーム
北海道 2、東北 2、関東 2、北陸 1、東海 2、関西 1、中国 1 、四国 1、九州 2 沖縄 2
合計16チーム
1チーム4名〜12名
※各地区のリーグで、参戦した選手のみ出場可能。選手の補強、入れ替えは不可とする。
参 加 費
無料
試合方法
チーム対抗戦
予選ラウンド 4チーム1組 ラウンドロビン 上位2チームが決勝ラウンドに通過
701ダブルス、CRダブルス、1101ガロン、701シングルス、CRシングルス、901シングルス、
CRシングルスの7レッグを行う。(7レッグ完全消化となります。)

LEAGUEファイナル予選 Round数
Doubles 1 701 (MO) 20
Doubles 2 CRICKET 15
Gallon 1101 (MO) 20
Singles 1 701 (MO) 20
Singles 2 CRICKET 15
Singles 3 901 (MO) 20
Singles 4 CRICKET 15
1レッグ勝利ポイント チーム勝利ポイント
1Point 2Point

1レッグ目はジャンケンコークで先攻を決める。
奇数レッグ先行チームは、偶数レッグは後攻で行う。
(勝敗に関係なく先行後攻は1レッグごとに入れ替わる)

予選ラウンドロビン通過基準
【1】 ポイント数 
【2】 得失レッグ数 
【3】 直接対決
※【1】【2】【3】全て同じの場合は1101ガロンのスタッツで決定します。

決勝ラウンド 8チーム シングルトーナメント
フェニックス オフィシャルリーグ ゲームルール
決勝トーナメントの組合せは、各予選ブロックの順位にて決定されます。
決勝ラウンドは勝負が決定した時点で終了。

LEAGUEファイナル決勝ラウンド
Gallon 1101 (MO)
Doubles 1 701(MO)‐CRICKET‐701(MO)
Doubles 2 701(MO)‐CRICKET‐701(MO)
Singles 1 701(MO)‐CRICKET‐701(MO)
Singles 2 701(MO)‐CRICKET‐701(MO)
Singles 3 701(MO)‐CRICKET‐701(MO)
Singles 4 701(MO)‐CRICKET‐701(MO)

ガロン戦(1レッグ勝負)
ダブルス戦(2レッグ先取制、2レッグ目は負け先行) 2セット
シングル戦(2レッグ先取制、2レッグ目は負け先行) 4セット


注意事項:
チームの呼び出しを行う際、10分以内に指定場所に来なかったチームは失格となる場合があります。
円滑な大会進行の為、ご理解とご協力をお願い致します。
その他、主催者が、故意または過失による違反行為や大会の進行を妨げる行為など、失格に値する
と判断した場合、その該当プレイヤー及びチームを失格とすることができるものとします。

主  催
株式会社エイチ・アイ・シー
協  力
フェニックス代理店
twitter
Copyright c HIC Inc, All Rights Reserved